診療科目

大腸・肛門科

症状としては、便潜血陽性、下血、下痢、便秘、肛門痛などです。疾患は、内外痔核、痔瘻、裂肛、感染性腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸癌などです。肛門手術はすべて日帰りで行っており、施行後バックベッドでお休み頂けます。ALTA療法(ジオン注射)も行っております。

消化器内科

症状としては、下血、便秘、下痢、頻便、腹部膨満、腹痛、胃けいれん、嘔気、嘔吐、背部痛などです。疾患は、逆流性食道炎、慢性胃炎、ヘリコバクターピロリ胃炎、胃潰瘍、胃癌、胆石症、胆嚢ポリープ、胆管拡張症、肝腫瘍、膵腫瘍などです。腹部超音波検査、CT検査、内視鏡検査を駆使して診断致します。

内視鏡内科

上部(食道・胃・十二指腸)内視鏡と下部(大腸)内視鏡があります。上部は経鼻ルートと経口ルートで検査が行えます。鎮痛剤・鎮静剤は使用でき、施行後バックベットでお休み頂けます。大腸のポリープは同時に切除することが可能です。下部内視鏡は、病状により大腸CTを代用できます。

内科

高血圧、糖尿病、高コレステロール血症、高脂血症、高尿酸血症、貧血、感冒(カゼ)、インフルエンザ、咳喘息、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、原因不明の発熱などです。風疹麻疹など各種ワクチン接種、川崎市がん検診、各種特定検診も行っています。

設備について

3種類の内視鏡と超音波、CTなどの検査機器を取り入れております。

CT室

CT室です。大腸ファイバーより体への負担が軽い大腸CT検査も積極的に行っています。

内視鏡検査室

内視鏡検査、こう門手術を行う部屋です。

回復室

ストレッチャー4台を配備する回復室です。検査・手術後はベッドに横になったまま回復室まで移動していただき、2~3時間程お休みいただいた後お帰りになれます。

 

院内について

スタッフ一同、明るい笑顔で患者様をお迎えしています。

〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町4-7 堀井ビル3F
診療時間 午前9時~12時/午後3時~6時
休診日  水曜/日曜/祝日

日/祝
午前 9:00 – 12:00
午後 15:00 – 18:00
PAGE TOP